アレルギー性鼻炎と食事!








一般的に鼻過敏症と言われるのは、
鼻水やくしゃみ、鼻づまりなどの症状のことだ。



一年中鼻過敏症で悩まされる人もいれば、
花粉症のように、一定の時期にだけ症状が現れる人もいる。



仕事中もティッシュが離せない状況では、
なかなか満足のいくパフォーマンスも、できないだろう。



この鼻過敏症の1つが、アレルギー性鼻炎で、
今や10人に1人が悩まされており、まさに現代病と言える。



アレルギー性鼻炎の原因で一番多いのが、
ハウスダストとダニ、次に花粉である。



ハウスダストやダニを減らすには、空気清浄機や、
ハウスダスト対応の掃除機を使用するのが、一番である。



特に、小さな子供を持つ人には不可欠で、
こまめに掃除する必要がある。



また、アレルギーというのは。栄養の偏りからも起こるものだ。



好き嫌いなく何でも食べることが大切で、
小さい頃から習慣づけておかなければならない。



かつては学校給食で、少しでも残していたら、
ずっと、食べるまで座らされていたものだが、最近は残しても平気なようである。



それがトラウマになった子ども、も昔はいたであろうが、
残しても一向に構わないという現代の状況は、
教育、そして、食育の観点からみても、問題ではないだろうか。



かつては治らないといわれた蓄膿症は、
医療の進歩によって、克服される様になった。



しかし、克服できる病気が増える一方で、
様々な病気が低年齢化していることも、また事実である。



便利になった分、手間をかけずに子育てすることが、
アレルギーの原因になったりすることは、文明の皮肉と言える。



子どもを持つ親は、あやふやではなく、
正確な知識のもとに、子育てを行ってもらいたい。






コメントを残す