大人と子どもの花粉症は違う?








花粉症の主な症状はくしゃみ、鼻づまり、
目のかゆみが、代表的なものだが、
子どもが罹患した場合は、少し異なった傾向を示す。



子どもの場合は、くしゃみがあまり出ずに、鼻づまりが多い。



その理由は、子どもはまだ成長期にあり、
鼻も小さいので、詰まりやすいからだ。



鼻が詰まると、くしゃみも出にくいので、
大人の感覚で見ていると、花粉症がどうか、
判別しにくいので、注意する必要がある。



鼻が詰まると、口で呼吸するしかなくなるので、
小さな子どもを持つ親は、息苦しそうに、
していないかどうか気を付けておこう。



また、花粉症による鼻水も、
大人と子どもでは、異なる部分がある。



大人の場合は、サラサラした水の様な鼻水だが、
子どもの場合は、粘っこいカゼと勘違いしそうな鼻水が出る。



その理由は、まだはっきりとは分からないが、
子どもの場合は、鼻づまりが主な症状なので、
そのせいではないかと、考えられている。



目の充血や、目の周りのむくみなど、
目に関する症状が発生しやすいのも、子どもの特徴だ。



子どもが目や鼻を頻繁にこすっていたりしたら、
花粉症かどうか、疑ってみよう。



子どもの花粉症は年々増えており、発症率は、
大人とそれ程変わらなくなってきている。



花粉症が流行る季節は、カゼやインフルエンザが、
流行る季節とかぶるため、判断が難しいものだ。



子どもを持つ親は、自己判断せず、
おかしいと感じたら、速やかに医療機関を受診し、
適切な治療を始めよう。






コメントを残す