暮らしの中の花粉症対策!








花粉症というのは、目のかゆみや、
結膜の充血が起こるところに、特徴がある。



他にも、



吸いこんだ花粉が、喉の粘膜にくっついて、喉がイガイガしたり、
皮膚に花粉がつくと肌荒れ、口に入った花粉を飲み込むと、
消化不良や食欲不振を起こしたりと、その症状は様々だ。



花粉症は草木の花粉が主な原因で、基本的な対策としては、
花粉の少ない環境作りが、何よりも大切と言える。



具体的には、天気予報などをチェックして、
花粉量の多い日は、できるだけ外出しないことだ。



そうはいっても、平日は、仕事や学校に行かなければならないので、
外出の際は、マスクやメガネ、帽子を着用しよう。



建物に入る時は、衣類の花粉を払い落とし、
家では、衣類や布団は、部屋干しにする。



十分に睡眠を取り、疲れを溜めないように心がけ、
栄養バランスのとれた食事を、摂る様にする。



これらのことを、花粉の少ない時期から、
日常生活に取り入れているだけで、随分変わってくるだろう。



薬による治療で、症状の軽減に努めるのもいいが、
それでは、根本的な解決にならないケースが、多いものだ。



花粉症は、若いからなる、歳を取るとならないという、病気ではない。
ほとんどの病気は、日常生活の過ごし方が、極めて重要なものである。



予防医療の考えが、広まりを見せている中、
治療に時間のかかる、花粉症を避けるために、できることはやっておこう。






コメントを残す