日本で一番多いのはスギ花粉症!








花粉症の中でも、日本で最も多いのが、スギ花粉症だ。



その数は、実に、2500万人とも言われており、
毎年、2月から4月にかけて、患者が急増し、
テレビやネットからの、スギ花粉情報の収集が欠かせない。



花粉症の症状の多くは、ヒスタミンという、
体内物質によって引き起こされる。



そのヒスタミンの働きを、早い段階から抑える治療法が、
初期療法といわれるもので、治療には、
「第2世代抗ヒスタミン薬」 を、使用する。



初期療法は、症状の出現を遅らせたり、
軽くしたりすることが可能で、理想的な薬物療法と言われている。



しかし、副作用が少なくなっているとはいえ、
眠気やだるさが生じ、仕事や勉強の効率に、影響が出ることもある。



そのため、ライフスタイルに合わせた薬剤選択ができる、
知識と技術に秀でている、耳鼻咽喉科を確保しておくことが、
患者側にとっては、大切となっている。



症状のタイプや程度に応じて、
薬剤を選択することは、医師の腕の見せ所である。



そういったことをせずに、同じような診断を繰り返す医師に、
診察を受けていては、症状は一向に改善しない。



スギ花粉症は、治らないと諦めている人も多いが、
免疫療法を受ければ、完治できる可能性がある。



免疫療法とは、アレルギーの原因となる物質を、
徐々に体内に入れて、アレルギー反応を停止させる方法で、
アレルギー疾患全般に、効果がある。



最近、保険適用が認められた、「舌下免疫療法」 は、
ショック症状を起こさない、期待の免疫療法だ。



しかし、最新の医療だからと、知識や技術もないのに、
取り入れたがる医師も、一部に存在する。



宣伝に惑わされず、情報を確実に仕入れて、
信頼できる医師を見つけ、花粉症治療を進めよう。






コメントを残す